HOME > about fsc

FSC(R)森林認証とは

FSCジャパンやWWFの説明をご覧ください。
私の説明よりわかり易く書いてあります。
簡単に言うと、まず森林が適切に管理されているか第三者機関がFSCのFM規格で審査をします。審査でOKになればその森林はFSC認証林になります。その認証林から産出された木材を他の木材と混ざらないように木製品を作っているかを、また第三者機関がFSCのCOC規格で加工流通業者は審査を受けます。ここで認証取得した業者がFSC認証材を使用して作る木製品にはFSCロゴを付ける事ができ、認証製品を販売する事が出来ます。森林から搬出、製材、加工、流通すべての企業が認証を持っていないと、チェーンが切れて認証製品が出来ません。持っていなくてもOKなのは販売先が消費者の小売店だけです。
  
世界中に森林認証は沢山あります


世界中には沢山の種類の森林認証があります。
・FSC(世界共通認証)
・PEFC(各国認証の相乗り認証)
・SGEC(日本の森林認証)
・各国の森林認証(AFS,CERFLOR,Certfor,CSA,MTCC,SFI,LEIなど)
 
FSC認証とPEFC認証のちがい


FSCはPEFCより規格運用が厳しいです。
規格自体はあまり違いはないようですが、実際の運用に違いがあります、
FSCでは認証取得者でも明らかに違反している企業があれば、調査し問題があれば是正を求めそれでもだめなら関係断絶などの処置をとります。PEFCではこのような事例は聞いたことがありません。簡単に言うと同じ企業でFSC認証との関係は断絶されてもPEFC認証はOKな企業があると言う事です。規格だけみればほぼ同じですが運用次第と言うことです。
この事からFSCが世界で一番厳しい認証でその厳しさがFSCの価値を高め、FSCブランドを構築していると言えます。
 
なぜこのような違いが生まれるのかわかりますか?
 
FSCを作ったのは環境NGO、PEFCは後追いで木材産業界が作りました。PEFCも第三者認証ですが身内で作ったのでFSCよりは甘いのだとおもいます。
 
堀内がFSC認証しか取得していないのはこの理由からです。
 
高みを目指さないとすぐに楽な方に流れてしまうので。実際認証製品を作にはかなり高いハードルがあります。認証林をはじめ各COC認証取得者の熱意や志を繋いで製品が出来ます。同じ志を持つ企業が集まりつながる事がFSC認証の肝で私は大好きです。
上場企業は違法伐採材使用リスク軽減と原材料の調達持続可能性などのメリットの方が大きいかと思いますが、個人事業者なので気持ち優先です。
だから認証を個人事業者ですが13年も維持していますし、
今後もやめる事はないでしょう。